物忘れが激しい

物忘れに効くサプリメントによる痴呆症の対策と効果

物忘れに効くサプリメントには、イチョウ葉エキスやアスタキサンチン、DHAとEPAなどがあり、痴呆症の対策として有効で、痴呆症の予防改善効果が期待できます。これらのサプリメントの特徴は、いずれも抗酸化作用があり、脳の血の巡りを良くすることによって認知機能を高めます。

 

物忘れが激しい方に知っておいてもらいたいこと集
イチョウ葉エキスはイチョウの葉から抽出された自然由来のエキスで、フラボノイドとテルペンラクトンという成分が配合されています。フラボノイドとテルペンラクトンは脳の血行を良くする働きがあり、脳の血流が改善されることで認知機能を高めます。フラボノイドとテルペンラクトンはアルツハイマー病の改善効果も期待でき、記憶力と集中力を高めることにも繋がります。

 

アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、植物由来の成分です。アスタキサンチンは非常に優れた抗酸化作用があり、認知機能の向上だけでなく、目のピント機能を向上させる働きもあります。アスタキサンチンは物忘れに効くサプリメントだけでなく、目のサプリメントの原料としても使われています。

 

DHAとEPAは青魚に含まれる成分で、オメガ3脂肪酸の一種です。DHAとEPAは脳神経の発達をサポートする働きがあり、脳の認知機能を高めることに大きく貢献します。ドロドロの血をサラサラにする働きもあり、脳の血液の流れが良くなって、記憶力や集中力の向上にも繋がります。

 

ナットウキナーゼもDHAやEPAと同様に血液をサラサラにする働きがあり、血栓ができるのを予防します。脳の血流が良くなりますので、認知機能のアップに役立ちます。ナットウキナーゼはアルツハイマー病にも効くという臨床研究があり、アルツハイマー病の予防効果も期待できます。

 

物忘れが激しい方に知っておいてもらいたいこと集
このように、 物忘れに効くとされるサプリメント はいろいろありますが、どれを購入すれば良いのかを迷った時には、DHAとEPAをおすすめします。DHAとEPAは物忘れに効くだけでなく、美容と健康をしっかりとサポートしてくれますので、アンチエイジングには最適です。

 

物忘れを防ぐためには日常生活を改善することも大事であり、睡眠をしっかりと取ってリラックスする時間を作ることが痴呆症の予防に繋がります。日記を書くなどして積極的に脳を使うようにすることも、認知症の予防対策として有効です。脳の認知機能を高める食品には大豆類や青魚などがあり、豆腐や納豆、サバやイワシなどの青魚を食べるようにすると、痴呆症の予防に役立ちます。

物忘れが激しいと感じたら生活習慣を改善して予防

物忘れは、誰にでも起こり得る現象です。探し物が多くなったり、立ち上がって別の場所に移動してみたけれど、何の用事を済ませようとしたのか思い出せなかったりするのは多くの人が経験することですが、その頻度が激しい場合はやがて治療の対象になる可能性もあります。脳の機能は年齢と共に衰えてくるので、運動をして体を鍛えるのと同じように生活習慣を改善して予防をしましょう。

 

物忘れが激しい方に知っておいてもらいたいこと集
まずは、十分な睡眠をとることです。寝ている間は体を休めているだけでなく、脳にとっても大切な時間です。起きている間の脳は休むことなく活動しているので、一日の出来事と記憶を整理するための時間や休息する時間が必要になります。睡眠時間が少ないと脳の疲労がたまってくるため、頭がぼーっとして作業効率が悪くなったり、物忘れが激しくなったりします。脳のリセットは寝ている間にしかできないので、不要な情報を捨てて頭の中を整理するためには睡眠は欠かせません。

 

だからといって、寝過ぎてしまうと反対に物忘れが激しくなる可能性もあります。例えば、適度な昼寝は脳を休息させるのに効果的ですが、昼寝を含めて寝ている時間が長くなりすぎると認知症のリスクが高まるという報告もされています。理想的な睡眠時間は8時間前後と言われていますが、それぞれが必要としている睡眠時間には個人差があるので、頭や体がスッキリすると感じられる時間を探して睡眠を充実させてみましょう。

 

強いストレスは、物忘れを招く原因と言われています。ストレスを受けた時に発生するホルモンは、交感神経を刺激して脳の機能を高める働きがありますが、分泌量が多くなってくると記憶力に関係している海馬にダメージを与えることがあります。そのため、ストレスの原因を遠ざけたり、スポーツや趣味でストレスを解消することはとても効果的です。

 

ストレス解消のためにタバコを吸ったりお酒を飲んだりすることがありますが、脳にとってはあまり良い解消法ではありません。タバコを吸うと気分がリフレッシュするような気がするかもしれませんが、実際には喫煙で血液中の酸素量が低下してしまうので、脳が酸欠状態になり集中力が欠けてしまい、忘れっぽくなってしまいます。そしてアルコールの摂取量が多過ぎると、記憶力の低下だけでなく時間や場所が分からなくなるといった認知機能の低下が見られることがあります。
ですから、脳に悪い影響を与えるタバコとアルコールを控えて、血流改善になる食べ物や脳に良いと言われる青魚や大豆、緑黄色野菜を食べることも、物忘れの予防につながります。

激しい物忘れの症状は認知症という病気が原因かも

若い頃には頭脳明晰で頭の回転が速かった人でも、年をとればその能力は衰えていきます。よく喋ったり運動することで脳機能の低下を防ぐことができるという研究もありますが、認知症になってしまうと元の状態には戻せません。

 

激しい物忘れの症状を伴うのが、認知症の特徴です。一部の記憶ではなく、出来事(エピソード)自体の記憶が抜け落ちてしまうので、何日経ったのかわからなくなる人もいます。

 

物忘れが激しい方に知っておいてもらいたいこと集
自分では忘れているという自覚症状がないので、他人から指摘されると怒ったり不信感を抱いて人間関係が悪くなってしまうこともあります。
日本で多い認知症のタイプは3つで、アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症、です。
このうち全体の63%をアルツハイマー型が占め、残りの2つのタイプはそれぞれ約19%程度となっています。

 

アルツハイマー型認知症の原因は、アミロイドβというタンパク質が脳に溜まって、神経細胞が減少して脳を萎縮させてしまうことです。記憶障害が徐々に進行して、日付や曜日がわからなくなり、仕事の効率が下がります。症状は穏やかに進行しますし、たまに普通の状態に戻るので初期症状では周囲から気づかれないこともあります。

 

レビー小体型は、レビー小体というタンパク質が脳に蓄積する病気です。物忘れよりも、存在しないものや人が見えるといった幻覚、人物の誤認、転びやすくなる、動作が遅くなる、といった症状が目立ちます。調子が良い時と悪い時で差が激しいのも特徴です。
アルツハイマー型とレビー小体は脳にある種のタンパク質が蓄積してしまう病気なので、根本的な治療はありません。ただし、薬によって進行を遅らせることは可能です。

 

この2つに対して、血管性認知症は予防や治療が可能です。
これは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳卒中が原因で起こる病気だからです。病気を繰り返すとその都度悪化する可能性があるので、脳卒中の再発を予防することが進行を抑制するのには効果的です。

 

また、高齢になると転んで頭を打ってしまうようなケガが増えますが、この影響で慢性硬膜下血腫になることがあります。高齢者に多く、頭を強く打った後に頭蓋骨と脳の間に血腫ができて血腫が脳を圧迫して起こります。頭を打ってから3週間?3ヶ月くらい経ってから頭痛などが出て気づくことが多いです。これは血腫を吸引すれば治療可能です。
激しい物忘れを伴う認知症といっても色々な種類があるので、それぞれの特徴を抑えておくことが大切です。