若年性健忘症

若いのに物忘れの症状が多い人は若年性健忘症かも、その原因と対策を教えます。

 

若いのに物忘れの症状が多い人は若年性健忘症かも、その原因と対策を教えます。まだ20代から40代くらいと若いのに物忘れなどの症状があるということは若年性健忘症かもしれません。この病気の原因は色々あります。まず考えられるのが、頭を使うことがあまり少ないため細胞が活性化していない可能性です。人の脳みそは刺激が少なかったり、日ごろ使われていないと細胞が休んでしまうのです。今や電子化により、社会人でも自分で考えずに過ごしている人もたくさんいます。また、強いストレスや衝撃が与えられることでなってしまうこともあります。
若年性健忘症の症状として近時記憶がなくなってしまうというものがあります。近時記憶は10年前などの昔の記憶ではなく、さっき食べたものやこの間知り合った人の名前などの最近の記憶です。このような最近あった出来事を忘れてしまうことが主な症状で、ひどい場合には、5分前に食べた食べ物を忘れてしまうといったことも起きます。物忘れが日常生活に悪影響を及ぼすようになったときは若年性健忘症の可能性が高いので病院に行きましょう。
この病気はMRIなどでスキャンしてもわかりません。問診などの特殊な検査を使わないとわからないのがやっかいです。なので、一番大事なのは健忘の症状を自分で自覚して病院に行くことです。
若いのに物忘れの症状が多い人は若年性健忘症かも、その原因と対策を教えます。
若年性健忘症はこれといった治療方法がないのが現状です。しかし、原因自体はハッキリしています。多くの場合、脳をあまり使っていないことが原因なので、脳に刺激を与える努力が重要です。まず、色々なものに興味を持つことが重要です。人間は生まれてから徐々に見るものに新鮮味を失っていきます。そして、新鮮味がないとものに興味を持つことができずに何をしても脳に刺激を与えづらくなっていきます。なので、無理やりにでも周りのものに興味を持つことが大切です。草花などの自然を収集してみることも良い対策です。また、道を歩く時は知らない道を歩きましょう。なぜなら新しい経験というのは脳に刺激を与えるからです。人と会話をすることも大事です。会話は脳を活性化させます。会話をする対象が初対面の人だとさらに効果的です。先ほども書いた通り、新しい経験は脳を刺激するからです。体を動かすことも脳の活性化にいい影響があります。特に、手を動かすと良いです。手先を動かすと脳の神経細胞を刺激して、普通に生きているだけでは使うことのできない脳の部位を活性化することができます。また、手先の動かし方として文章を書くことが一番です。文章を書くことで頭も手先も使うので頭の体操にはもってこいです。
若年性健忘症の症状は主に最近の出来事を物忘れしてしまうというもので、会話や手先を動かしたり、新しい経験を積むことが対策になります。