物忘れ対策

物忘れ対策には有酸素運動がよい 脳の劣化を防いでくれる

 

物忘れ対策には有酸素運動がよい 脳の劣化を防いでくれる若いころは物忘れなども少ないですが年齢を重ねていくと徐々に酷くなっていきます。人の脳は20代からどんどん劣化していくといわれていて、その劣化のひとつが物忘れです。
劣化を少しでも遅らせたり防ぐためには様々な健康や脳トレーニングなどがありますが、一番手軽に出来るのが運動という対策方法です。

 

運動によって脳由来神経栄養因子の生成が活発になるといわれていて、これは記憶や学習などの機能のレベルを上げる役割りを持っていてこれがたくさんあると機能がかなり上がるとされています。
よく子供は友達と話しながら走りまわったりしていますが、これも会話という機能を使いながら動くことで因子の生産も活発にしているので大変効果的なトレーニングといえます。

 

大人でも子供と同じことをすることで劣化を防いで機能レベルを上げて物忘れ対策も可能です。ただ実際は子供と同じような運動をすることは難しいので、続けやすいジョギングなどがおすすめです。
軽めのジョギングだと毎朝30分ぐらい早起きすることで手軽に取り入れることが出来ます。朝難しいときには夜に散歩として走るのも良いです。

 

物忘れ対策には有酸素運動がよい 脳の劣化を防いでくれる
ジョギングは有酸素運動のひとつで継続することで、体の中の中性脂肪を燃焼して高血圧や肥満の改善や予防も期待できます。近年は脳卒中なども死因としてリスクが高まっていて、これも高血圧によって起きることが多いので病気予防としてもかなり効果的です。最近殆ど体を動かしていないと感じたときは、軽いジョギングを取り入れていくのがおすすめです。

 

他にもウォーキングや水泳、ヨガや踏み台昇降など家の中でも出来るものもあります。効果的なものとしてBOKSプログラムと呼ばれる方法もあります。これは準備体操にジグザグ走行やジャンプ走行を取り入れたアクティビティ 、グループゲームや整理運動などのクールダウンを行い、基本的には子供や若者向けのプログラムです。

 

中高年向けだとウォーキングや水中歩行などの体に負担をかけすぎない程度がおすすめで、出来れば週に纏めて行うよりも毎日20分から30分程度楽しみながら行うのが良いです。
また、中高年向けのコグニサイズというのもあります。これはコグニクションとエクササイズを掛け合わせた造語で、エクササイズをしながら同時に数字の計算を行い、頭を使いながら体を動かします。
コグニウォークやコグニラダー、コグニステップなど個人で出来るものや、グループで行うエクササイズもあります。