病院の物忘れ外来

病院の物忘れ外来の特徴と専門医師による診察内容

 

病院の物忘れ外来の特徴と専門医師による診察内容ここ数年、総合病院の脳神経内科や精神科のクリニックなどで物忘れ外来が開設されています。ここでは認知症の専門医による丁寧な問診や診療が行われています。病院によっては認知症外来、あるいはメモリークリニックという名称で呼ばれていることもあります。受診した方が良いと思われる症状は、物の名前が思い出せなくなった、貴重品をよく紛失する、場所や時間の感覚があいまいになった、などです。こうした症状は脳の病気なので、これまでは精神科や脳外科などで診療が行われていました。しかし物忘れ外来では、特に認知症に焦点を当てた治療が行われます。担当医の多くが、日本認知症学会や日本老年精神医学会などで専門医資格を修得した医師です。この分野に関しては、通常の医師以上の知識と経験を有しています。さらに、脳神経外科専門医や神経内科専門医の資格も同時に修得しているケースが多く、高度な診療能力を備えています。初診の際は、問診によって原因となる病気が判断されます。物忘れ外来を訪れる患者の主な訴えは、物忘れがほとんどですが、それが認知症による障害なのか軽度認知障害と呼べるものなのかを、診察によって判断します。 医師が知りたいのは、初期症状の始まった時期とその背景です。それによって、どの程度、病気が進んでいるかを予測します。物忘れが始まる前から、例えば趣味への関心が薄くなったり、人との会話を避けるようになったりしている場合は認知症のケースが多いです。その他、失敗の言い訳ばかりするようになったり、何度も同じ行動を繰り返したりしている場合も認知症の疑いがあります。さらに教育歴や職歴、婚姻歴などの生活歴をはじめ、血縁者の既往歴も調べます。特に若年型のアルツハイマー病の場合は遺伝的要素も考えられるため、患者が若い年代の際は、血縁者のこれまでの病歴を詳しく調べます。さらに担当医は、患者に異常行動がないかを問診します。例えば突然理由もなく暴言を吐く、家族に暴力を振るうといった行動、物を盗まれたという被害妄想、さらに幻覚や幻聴がないかなどを調べていきます。症状がかなり進んでいる場合は、医師だけでなく家族のサポートも必要となります。そのため初診では、患者本人の日常生活を十分知っている家族が同伴すると良いです。それは本人の正確な生活状況が、診断には必要となるからです。尚、多くの病院が予約制なので、受診前に病院に問い合わせると診察がスムーズに運びます。